メインビジュアル

CLUB NEWS一覧

HOME > CLUB NEWS > InBody測定

  • CLUB NEWS一覧

陸上部

2016.05.06

陸上部

InBody測定

ゴールデンウィーク中の等々力陸上競技場での練習後にトレーニング室にお邪魔をし、InBody測定を行いました。

ファイル 2016-04-30 21 13 47

陸上競技においては、心技体のバランスが欠かせません。心技体を鍛えるために日々練習をしているわけですが、その練習の成果はタイムの向上で見極めている部分が多いです。タイム以外にも成長を実感する指標があればいいなと思って昨年から定期的に実施し始めたのがInBody測定です。

InBody測定とは、
体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養評価に問題がないか、身体はバランスよく発達しているか、体脂肪が多い部位はどこかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。

『自分自身の現在位置を知る』ということ。以前との比較をし、理想的な体をつくるために必要なことが見えてきます。体の変化・向上の度合いを数値化し、部員間で比較することで普段の練習のモチベーションUPにつながればいいなという思いもあります。

ファイル 2016-04-30 21 14 35

早速、お互いの測定結果を見せ合っています。さすがに『アスリート体型』に当てはまった部員はいなかったようですが、『筋肉型』『スリム型』が多かったようです。

測定後、スタッフの方から栄養評価・運動指導を行っていただきました。

ファイル 2016-04-30 21 14 47

成長に伴って基礎代謝は高くなり、高校生(16~18歳)でピークを迎えます。筋肉をつけて基礎代謝を上げることで、食べても太りにくい体になります。理想的な体のために、どこの筋肉を強化すれば良いのか、あと何kg筋肉量を調節すれば良いのかなどが分かります。

体重が軽すぎたり体脂肪が少なすぎたりすることが陸上部の部員にはよくありますが、スタミナ不足を招く危険性もあります。これから季節は暑い夏へと向かいます。普段の食事や練習を大事にして、筋肉と脂肪のバランスを良い状態で維持したいものです。練習も大事、練習の成果を出すことももちろん大事なのですが、何といっても体が一番大事だなと感じた一日でした。次は夏の終わりの8月末に実施する予定です。

CLUB NEWSカテゴリ

すべてのCLUB NEWS

体育部

文化部

同好会

サークル

アーカイブ