メインビジュアル

朋優の学び

HOME > 朋優の学び > 3年間の学び

  • 3年間の学び
  • グローバル教育
  • キャリア教育
  • ICTのか活用と自己管理

3年間の学び目標実現のためのコース選択

コース選択の流れ

1年次は、「学習習慣の定着」と「基礎学力の充実」を目指し、それぞれの学力に合わせて学習していきます。
そして、1年間かけて高校卒業後の目標を決め、目標に合わせて2年次以降の進級するコースを選択していきます。

  • 国公立コース

    難関国公立大学への最適な環境

    将来、国内外の様々な分野で中心的な役割を果たすことを志し、難関国公立大学への進学を目指す若き挑戦者のためのコースです。5教科7科目をバランス良く学びながら幅広い教養を身に付けると共に、それぞれ核となる理系の英・数・理、文系の英・数・国の3教科はより高度な内容まで学び、盤石な学力の養成を目指します。一人ひとりに合わせたきめ細やかな受験指導で、着実に難関国公立大学の現役合格をサポートします。

    特進コース

    最短距離で難関大学へ

    2年次以降、英・数・理(国)を中心に学ぶ「特進数理」と、英・国・社を中心に学ぶ「特進文系」に分かれます。科目を絞り込むことで一つ一つの教科を基礎からじっくりと学び、難関大学合格を真正面から最短距離で目指します。「特進数理」では特に数学の授業時間数を多く取り、論理的思考力・課題解決力の向上を重視しています。一方「特進文系」では、書く力の養成を重視し、古典の学習を通じた日本文化に対する理解と合わせ、国際社会で活躍する素養を高めます。

  • ※成績基準がコース毎に設定されています。

学びのポイント

  • 本質理解を追求した授業

    大学合格は目標であって、目的ではありません。例えば数学では、公式の活用法を教えて問題を解けるようにすることよりも、公式や定理の導出過程の理解を重視するなど、各教科で本質的な理解を追求した授業が展開され、確かな学力の習得を目指します。

  • 自学自習を促す学習環境

    放課後の教室はいつも多くの生徒が自習のために残っており、試験前にはクラス全員で私語厳禁の「サイレント自習」を行います。高い目標を持った仲間たちと切磋琢磨しながら学習意欲を高める環境が整っています。

  • 充実の学びのサポート

    早い時期からの意識づけ指導を重視し、1年次から個人面談・進路ガイダンスを定期的に行い、生徒一人ひとりの精神面も含めて全面的にサポートします。また、放課後特別講座や夏期・冬期講習、勉強合宿など学習面のサポートも充実しています。

カリキュラム

1年次のカリキュラムは国公立・特進コース共通です。コース指導が本格化する2年次以降は少人数できめ細やかなフォローができるよう選択科目を豊富に用意しています。特に主要5科目に関しては演習を多く取り入れ新入試への対応もしています。

下の図は、横にスクロールしてご覧ください