メインビジュアル

NEWS一覧

HOME > NEWS一覧 > 新・避難訓練を実施

  • NEWS一覧

職員室通信

2011.09.12

職員室通信

新・避難訓練を実施

先週9月7日(水)に避難訓練を実施しました。
例年この時期に訓練を行ってはいますが、昨年までは火災を想定しての訓練でした。しかし、今年は大地震の発生を想定し、一学期に作成した「朋優学院震災対策計画」(震災用マニュアル)にもとづいた新しい訓練を実施しました。
まず本校の校舎に設置されている「緊急地震速報受信システム」による疑似警告音から訓練が開始されました。
そしてその後、校庭へ避難→人員確認(授業担当と学級担任で2回)と教職員による各班行動の確認→地元消防署の方による講評、という流れで避難訓練は一旦終了しました。
その後は、学校の備蓄している非常用の防災セットや防災用トイレの説明などを行い、最後は起震車による地震体験を生徒対象に実施して、すべての予定は終了しました。
結果として、想定していた時間内に全行程が終了できたので、まずは合格点の付けられる訓練だったのではないかと考えます。
皆さん、暑い中お疲れ様でした。
最後に、今回の地震体験に関しては、起震車の無料貸し出しも含め、THK株式会社の全面的な協力により実現できました。この場を借りて、あらためて感謝申し上げます。(THK株式会社は、免震システムをはじめとした様々なハイテク精密機械部品の開発・製造を行っている会社です。)

副校長 佐藤裕行

上の写真は生徒が校庭に集合したところです。

荏原消防署戸越出張所の村上所長から、本日の講評をお話いただいている時の様子です。

非常用防災用品の説明の様子です。

起震車の操作や解説は、THKの社員の方に行っていただきました。

カテゴリ

アーカイブ